【PR】アトピーの情報サイト | アトピー関連情報 | Atopic dermatitis Information | アトピー性皮膚炎

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.03.09 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

アレルギーですまされない

JUGEMテーマ:アトピー
 アトピー性皮膚炎がアレルギーにかかわっていることは知られていますが、どの程度アレルギーにかかわっているのか? は、微妙ですよね。まず、純粋なアレルギーではないと言うことですよね。つまり、蕁麻疹などのようにアレルゲンを体内に入れた瞬間に反射的に症状が現れるわけではないと言うところですね。

それと私はおそらくアレルギーとは関係ないというところですね。いや、正確には何らかのアレルギーがかかわっているのかもしれませんが、アトピーの症状を何とかするために食事制限をしたことがないことですかね。

一般的は卵などのたんぱく質はよくないと言われますから、卵を毎日食べてみたり、食べないようにしたりして、自分の症状に何らかの変化があるか試したことがあります、ずいぶん昔のことなんですけどね。

しかし、症状には違いがありませんでした。これは、私の場合だけなのかどうかわかりませんが、私は食事を制限したことがないんですよね。好き嫌いもないので、好きなものを食べたいだけ食べていました。と言っても、健康によくない偏った食事はしないようにしていましたが、意識して制限するようなことはしなかったです。

ただ、これは私の場合だけかもしれないので、絶対にまねはしないでください。

でも、アトピーの人ならたぶん何を食べたら症状に影響するのか、日々の生活のなかで自然に気づくことだと思うのですがどうなのでしょう。

何かを食べたら症状に影響がでたとか言うのは、絶対に気づくと思うんですよね。私の場合は、それにあてはまるような食べ物がなかったと言うことです。だたら、私のアトピーは食べ物に関係ないと思っています。アレルギーも。

いや、だから結局なにが言いたいのかと言うとアレルゲン検査とかも良いけど自分で何とかできると思いますよ。私は、、、、

電子付加治療の効果とは

JUGEMテーマ:アトピー
アトピーの治療は、いろいろありますが、最近は、電子付加治療と言う治療もあるようですね。私は、20年近く皮膚科に行ったこともないので、最近の病院事情がまったくわからないわけでして、いつから電子付加治療が始まったのかすら知りません。

ですから、ここに書くことは私の推測であって、インターネットによって得た情報であるから、決して正しいことを書いているとも言い切れないので注意してください。まあ、アトピーの人はこういうことに慣れっこなので、ここに書くことが正しい情報であるか、でたらめであるかの判断はできると思います。

電子付加治療って何なんだ! と私自身思ったのですが、電気を流すなどして行う治療を創造してしまいがちですが、どうやら違うようですね。治療の方法としては、クリームを患部に塗ると言う単純な方法で、患者にとっての負担はほとんどありません。

しかし、この治療を子供に試したと言う方もいましたが、効果が実感できなかったそうです。

と言っても、まだまだしんとうしきっていない治療法ですから、正確な効果は計れないでしょう。ただ、あくまでも推測ですが、いままでの治療に少し毛がはえた程度ではないかと思っています。

こういうことは、時間が解決してくれるはずです。効果があったとうたう人が多くなってくれば、たちまち、インターネットでも話題になるはずです。今までの治療とさほど差がないとしたならば、このまま細々と対処療法のひとつとして残るだけのことです。

私も昔、注射で体質を改善すると言う治療を試した経験がありますが、当時は、画期的だな〜 と自分なりに期待して1年間ほど治療した結果、何も得るものはありませんでした。あくまでも私の場合なので、おそらくこの治療で効果があった人もいるのでしょう。

ただ、その治療もいまでもあるようですが、言うほどまでの効果がないのだと思われますよね。もし、かなりの効果があったなら、たちまちアトピーの治療法として広まっていたでしょう。

とまあ、こんな事もありますから、新しい治療は効果があるとも言い切れないような気もしますよね。

禁煙のあとの症状の変化

JUGEMテーマ:アトピー


禁煙をするとアトピーの症状に変化があるのか? 実際のところは、アトピーの症状がほとんでないので、変化に気づかない可能性も大きいと思いますが、タバコは健康によくないと言うことから禁煙してみることにしました。

時々、言われることがあるアトピーに良くないタバコなのですが、私の経験からするとタバコがアトピーに与えた悪影響と言うのは感じられなかったのが現実です。もし、そう思うことがあったなら20年以上もタバコを吸っていなかったことだと思います。

ただ、アトピーの人にタバコが良くないのは事実ですし絶対的な理由もあります。それは、タバコは健康な人が吸っても悪いからです。ちょっと笑ってしまいそうですが、ホントのことなのでアトピーの人はタバコが悪いと思っていても間違いではありません。

ただ、実際に患者がタバコを吸うと症状が悪化するとか、感じているかと言うとそうでもないと私は思っています。

おそらくですが、私以外にもアトピーでありながらタバコを吸っていたと言う人も多いと思いますが、患者自身がそれとなく悪いような気がしているなら、もっと話題になっているはずです。おそらく、アトピー患者の人たちはタバコによる悪影響が身をもっては体感できていないのでしょう。

私も長い間タバコを吸っていたわけですが、その期間のなかでもアトピーの症状に変化がありました。確かに症状が酷い時期もあったのですが、まったく症状が出ない時期も10年以上も続きました。もう、この時点でタバコの影響がどう悪いのか説明がつかないともいえますよね。

これは、禁煙する前からわかっていたのですが、禁煙すると何らかの変化があるのか期待しつつすでに禁煙開始から1年と5ヶ月がたち、まったく症状に変化がないですね。

ただ、現在の私の症状は、たんなる感想肌ぐらいの症状しかないので、変化に気づけなかったのかもしれませんが、禁煙したら症状がよくなるなどと期待はしないほうが良いと思います。がっかり度が半端ないですからね。まあ、アトピーの人は、これまでにもいろんな治療法などに期待してはがっかりすると言う経験があるでしょうから、慣れっこだとは思うのですけど・・・・・・・

禁煙方法

漢方薬は、プラシーボ効果だった

JUGEMテーマ:アトピー
 アトピーの治療法というのは無数にあるわけですが、どれをとっても納得できない治療が多いですよね。代表的なステロイド治療にしても、副作用の不安と完全に治すことができない。

その他、多くの民間療法があり、漢方薬・温泉治療といろいろあるわけですが、どれも一定の効果はあるものの、決定的な治療法とはいえるほどの効果がない。もしくは、効果がでる人とでない人がいるというのが、アトピー治療の現状ではないでしょうか。

たとえば、この漢方薬とか温泉治療は、まったく効果がないと言う説を唱える人もいます。確かに、漢方薬でよくなったという人も多いようですが、10年飲み続けても治らないという人もいます。この違いはなんなのでしょうね。

それと気になるのは、どうして漢方薬でアトピーが治せるのかと言う事です。私には、理解しがたいことでとても飲み続ける気にはなりませんでした。でも、ほとんどアトピーの症状が見られないほどまで改善しましたよ。

もし、私が漢方薬を飲み続けていたとしても、今の状態のように改善しているでしょう。この場合、漢方薬のおかげみたいになりそうですよね。ホントは、まったく漢方薬に効果がなかったとしてもです。

漢方薬を否定するわけではないですけど、毎月3万円〜数十万円もかける価値ってあるのかなと思うんですよね。実際、漢方薬を飲まなくても治る人はたくさんいるのだから、そんな治療に大金を使う価値があるのかなってね。

それと、漢方薬やその他の治療は、プラシーボ効果による効果だと言う説もありますよね。プラシーボ効果は、ご存知ですか。薬理作用を持たないものを薬だと言い聞かせて飲ませると、一定の効果がある場合があるという暗示による効果ですが、実際に医学でも認められていて、海外ではこの効果と現代医学を併用して治療する病院もあるほどです。

考えてみると非常に不思議なことで、ありえない話にも思えますが、人間は思い込むだけで病気すらも治してしまうんですよね。病は気からと言う言葉は、プラシーボ効果のことそのものですよね。

ですから、アトピーに関しても効果がある人とない人に分かれてしまうのは、治療があうとかあわないとかじゃなくて、プラシーボ効果がでる人とでない人のような気もしますよね。

精神的なケアも必要かも

JUGEMテーマ:アトピー
 アトピーになると悩まされるのが、あの強いかゆみです。成人アトピーの場合は、掻くと良くないのはわかっているので、おきている時は我慢しようとします。ですから、比較的起きているときは掻かないのですが、眠った時はどうしようもできません。

無意識にに掻いてしまうんですよね。これは、なんとも自分ではどうしようもできないことから、強制的に腕をロープで縛るなどしても、何らかの方法でかこうとするようです。眠っている時は無意識なので掻いたことも良く覚えていませんが、おきると必ず出血しているという始末です。

これは、アトピーになった人のすべてが経験することであって悩みの種なのですが、どうしようもできないのですよね。掻かないようにするにはどうすればいいのか? と考えるとやはりかゆみがおきないようにするしかないんですよね。

痒くなければ掻かないのですから強制的にでもかゆみがおきないような手段をとるしかないのかも知れません。その手段のひとつにクエン酸を水にとかして炎症などの部分に塗布するという方法がありますが、それをを使うと相当しみるので、かなり苦痛です。

しかし、手をロープで縛ったり手袋をつけてつめを立てないようにする工夫もありますが、結局、何らかの手段で無意識にロープーをほどいていたり手袋をはずしていたり、摩擦で炎症の部分をかこうとしているものです。

ですから、強制的に掻かないようにする方法ではあまり意味がありません。確かに、ステロイドを使った場合は、かゆみが引いているので比較的書かない場合が多かったように記憶しています。こう考えるとかゆみがなければ掻かなくなるということです。

しかし、あの掻くという行為はホントに気持ちがいいものです。時々眠っている時に半分夢を見ているような状態で掻いているときがありますが、ホントにその時は気持ちがいいものです。でも、ハッと気づいてから掻くことをやめると今度は、急に痛みに変わります。あの時は、ほんとに後悔したものです。

でも、これは治るまで付きまとうことなんですよね。

もうひとつは、掻くことが癖になってしまって依存してしまっているように感じた時もありました。アトピーを長く患ってしまうと掻くことが精神的に依存してしまっているのかもしれません。これをどう解決すればいいのかと言われると良くわかりませんが、カウンセリングなどで相談する手段もいいかも知れませんね。

<< | 3/10PAGES | >>